トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「障がいのある人とそのご家族のライフプランを考える会」は、もともとは代表であるファイナンシャルプランナーの石川智が感じた素朴な疑問から生まれました。

それは具体的には、

「親御さんは、障がい者支援の現場だけを知っている専門家からしか、価値あるアドバイスが得られない」

「しかも、その専門家が誰なのかわかりにくく、親御さんが地元で相談できる体制が整っていない」

「親の会などに加入せず、どうしていいかわからない親御さんをどうすれば支援できるだろうか?」

という状態をどうすれば改善できるだろうか、という疑問だったのです。

親御さんが欲しい情報を提供することができれば、結果的にそれが障がいのあるお子さんへの支援に繋がるということは私の数年間の活動でも理解できました。

また、講演会などに物理的に行けない親御さんにも満遍なく、価値ある情報をどすればお伝えできるのか?、という問題も常々感じていたことでもありました。

では、このような状態を少しでも改善するにはどうすればいいのでしょうか?

そこで私が考え付いたのは、

「障がい者の支援に関わってくださる人を、色んな視点で募集して」

「一つの窓口に相談に行けば、自分の困りごとに対応できる専門家が見つかるような体制を整備して」

「比較的小さめの講演会や勉強会を沢山開催して、知りたい・勉強したいという親御さんに応えたい」

ということでした。

そして、このことが実践できる「仕組み」をつくり、活動していこう、と考え、とにかくここ高知からはじめてみることにしました。

まだまだ生まれたばかりで、実績があるわけではありませんが、今後もコツコツと継続して続けてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

会長 ファイナンシャルプランナー 石川智

7月末、とうとうプレオープンします

私たちは、親御さんに年会費を頂き、会員制にして、その資金で親御さん会員に「無償」で勉強会などのサービスをご提供しようと考えておりますが、会費を出す立場で考えてみると、

「どんな内容の勉強ができるのか?」「本当に会費分の価値があるのか?」

という不安を感じることもあるでしょう。

私が会費制を採用する理由は

「障がい者とご家族のための専門家組織を、長きにわたり継続できることこそ、障がいのある人や親御さんのためになる」

という信念によります。

ただ、先ほどのような心配をされることも考慮して、今年いっぱい、会費制をとらず、500円で勉強会に参加できるという「ワンコイン勉強会」で、当会のサービスを体験していただけるようにしました。

皆様は「参加してみたい勉強会」に500円をお支払い頂き、自由に参加していただきたく思います。

とりあえずは「親亡き後のための経済的準備」などの「親亡き後問題」の勉強会を中心に、少し変わった視点での勉強会も企画していきます。

第一弾は、こちらから

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

平成24年7月

会長 石川智