障がい者支援は「特別」なもの? 1

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、代表の石川です。

私がこの「障がい者支援」にかかわり始めたのは、今から3年ほど前のことでした。

当時の私はファイナンシャルプランナーとして「普通の仕事」を請け負う事に熱心で、いわゆる現役世代の相談に対応していました。

ただ、相談者から沢山のご依頼があるというわけではなく、それまでにしてきた保険代理店の仕事を中心にして、たまに相談にのるという流れだったような気がします。

おそらく高知県以外においても、都会ではない場所では、私のようなファインシャルプランナー(以下FP)が「業としてこの仕事を全うする」のは難しいと思われます。

なぜかというと、日本におけるFPという仕事は、どうしても必要とされてはいないからです。

アメリカではFPの地位は高いし、そもそもFPの大事な仕事「資産運用」が一般的であるという事実もあり、FPが「生きていける」素地はあるのですが、日本ではそこまでの意識はありません。

ですから、FPは「仕事として成り立ちにくい」し、様々な資格や得意技を身につけて、FPを仕事になんとかしているのが現状です。

そんなことに徐々に気付いていた頃、実はある人を通じて、発達障害児がいる親の会の人と知り合ったのが私の進むべき道を変えるできごとになりました。

この日本ではFPは「家計相談」をする人です。

それは先ほどのアメリカのようにはならないという理由が大きいと思いますし、日本人には「貯蓄」に対するこだわりがあるから、こういう「家計相談」が一応成り立つんです。

しかし、私がすんでいる高知県においては、この「家計相談」ですら一般的ではありません。

所得が低いので、共働き世帯が多く、結果的に「どんぶり家計」になってしまっているというこの皮肉。。。

そんな「FP土壌がほぼ育っていない」この土地で、ライフプランとか、中長期的な家計の不安、相続(これを親亡き後ともいいます)問題に、とても敏感で、知りたい、変えたいと思っている人たちが、実は「障がい児がいる親御さん」だったわけです。

その事実に気付いたとき、私はFPが「具体的に役立つイメージ」が思い浮かび、そして何とか専門知識を生かしてみたい、と思いました。

これが、障がい者支援に関わることになった経緯です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です